2足のわらじをはいたねこ

〜千葉在住の猫型ワーキングマザー〜
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

空飛ぶカッパ



東京AZARASHI団の「空飛ぶカッパ」を観てきました。本日が千秋楽で満員御礼です!
ひとりの老人を中心に、病院で繰り広げられる隠し資産(?)に絡んだ人間模様を喜劇にした作品でした。老人のキャラが素晴らしく、しゃべり・間共に絶妙でした。
繰り返しの笑いが巧妙過ぎて、分かっていても笑ってしまう、脚本・演出の穴吹さん流石です!今回もハマってしまいました。
映画・演劇・テレビ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

てっちゃんの写真館



東京AZARASHI団の「てっちゃんの写真館」を観てきました。
毎度のすれ違いネタ、絶妙な間、笑えます!演者一人ひとりが超パワフルで楽しんでいるので舞台と客席の一体感が良い。最後にホロリとして、今回も満足でした!
映画・演劇・テレビ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

色々考えさせられた「ボヘミアン・ラプソディ」



1日は映画の日なので、元旦から「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。 遅ればせながらですが。
観る機会がなく、やっと観ることが出来ました。
2回、3回観るという方がいるのが納得の映画でした。移民、孤独、家族などメッセージ性の強い映画で、特にフレディの孤独と愛を求める姿が、セクシャルマイノリティな心の苦しさと共に描かれていたように感じました。今と違って風当たりも厳しかったのでしょうね。
最後のLIVE AIDは本当にライブを聴きに行っているような迫力で圧巻でした。クイーンのメンバーを含めたフレディの生き方を全てぶつけたステージは心を揺さぶるものがありました。
いい年明けのスタートが出来て気持ち良い一日でした。
私も頑張らないと!
映画・演劇・テレビ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ブラザー・フットと韓国ブーム

ブラザー・フットを観て来ました。


今,韓国ブームで,冬のソナタのヨン様人気は凄いですよね。映画でも韓国映画に勢いがあります。


韓国観客動員新記録樹立だそうで,これまた,イケメンスターと言われている「チャン・ドンゴン」と「ウォンビン」が兄弟役で出演しています。
朝鮮戦争の映画で,映像は凄まじい場面の連続でした。


一時も気が休まらない映画で,見終わった後,ぐったりするほどの戦闘シーンの連続でした。なんで同じ民族同士でこうも争うのか?こんな激しい戦争がたかだか50年前だなんて・・・。


日本ではこのような戦争映画の作り方はしないだろうと思った程凄まじい。「ババババババーー!!」と言う感じで,心臓に悪い!ビックリする!


チャン・ドンゴンの演技も凄い!迫真の演技だ!映画の最後の方は,別人かと思う位変貌していた。ちょっと怖い・・・。変貌する前の「チャン・ドンゴン」は,若かりし石原裕次郎に似ていると思った人は私だけではない。間違いない!


ブラザー・フットの公式ページはこちらです。予告編ムービーも観れますよ。
http://www.brotherhood-movie.jp/


これからも韓国ブームは続くんでしょうね。焼肉もキムチも美味しいし。女性もきれいだし!!


映画・演劇・テレビ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE